2006年 07月 11日
インドのミサイルは良く,北朝鮮のミサイルは悪い?!
風邪気味であったのを理由に,すべき事を全部ほっぽり出して,この3日間,ワイドショウのはしごを楽しみました。しかし,北朝鮮のミサイル問題については,北朝鮮による「核攻撃」あるいは「ミサイル攻撃」があたかも現実的脅威であるかのようなコメントのオンパレードで辟易させられました。

そうした中で,早稲田大学の重村智計教授とジャーナリストの鳥越俊太郎氏の二人の冷静さが目立ちました。

ところで,9日,インドがミサイルの発射実験をしました。失敗に終わったようですが,射程は3500㎞の中距離弾道ミサイルです。不思議なことにこれについては,誰も何も言いません。それではっきりしました。

ミサイルが脅威なのではなく,誰が持つかが問題なのです。11日の朝日新聞の「岐路のアジア」シリーズでは,04年のインドの武器輸入契約は世界一だそうです。しかし,インドは事前にパキスタンには通告するという「責任ある核保有国」で,北朝鮮は何をやるか分からない「ならず者国家」というわけです。

7日の読売,朝日,毎日,産経の各紙の社説(産経は主張)は,日本提出の「北朝鮮制裁決議案」に無条件の賛意を示しました。読売の言う「北朝鮮の核,ミサイルの脅威に対抗できる有効な防衛手段を整備していくことが緊要」論の延長に「自衛のための先制攻撃」論があり,その声はすでに政府・自民党からも出始めています。

【読売新聞】 北朝鮮ミサイル  安保理決議がゴールではない
国連安保理などで北朝鮮への国際圧力を強めることは大事だが,それで日本の安全が確保されるわけではない。
日米同盟の強化とともに,北朝鮮の核,ミサイルの脅威に対抗できる有効な防衛手段を整備していくことが緊要だ。

【朝日新聞】 国連決議案 結束とスピードが肝心
「通常の軍事訓練の一環」とする北朝鮮は,これだけの国際非難にさらされながらも,ミサイル発射訓練を続けるとしている。 そんな時に決議案採択にもたついて,中ロと日米欧との亀裂を露呈してしまっては元も子もない。
肝心なのは一日も早く国際社会が結束して,強いメッセージを北朝鮮に発することだ。決議の内容も大事だが,スピードも重要な要素であることを忘れてはならない。
中ロの協調を得るためには,決議案の文言にこだわらずに手直しすることも考えていいのではないか。その後の状況に応じて,より強い決議案を採択する方法もある。

【毎日新聞】 北朝鮮決議案  中露は責任の重さ自覚せよ
決議案に対して米英仏は前向きで中露は慎重とされるが,安保理常任理事国が割れていては北朝鮮に足元を見透かされるだけだ。米中露3カ国は6カ国協議のメンバーでもあるだけに,その責務は二重に重いものがある。中国,ロシアは北朝鮮に世界の総意をしっかりと伝え,6カ国協議再開へ向けた責任も果たしてもらいたい。

【産経新聞】 北朝鮮ミサイル 強制力ある安保理決議を
日本はいち早く主導して強制力のある安保理制裁決議案を提出し,米英の支持を得たが,中露はそうした決議内容に反対し,拘束力のない議長声明にとどめるべきだとの姿勢を見せている。
だが,この中露の姿勢には矛盾がある。両国はいずれも北朝鮮のミサイル発射を擁護せず,北朝鮮の無法を許さない姿勢を見せている。であれば,形式だけの議長声明ではなく,国連憲章7章に明記された制裁の強制力を持つ安保理決議を支持すべきである。

なお,日本経済新聞の社説は「中ロ両国は北朝鮮の誤解招かぬように」との見出しでしたが,内容は解説記事的で際だった主張はありませんでした。
[PR]

by gakis-room | 2006-07-11 12:59 | つれづれに | Comments(4)
Commented by saheizi-inokori at 2006-07-11 23:20
朝日のいい加減さと産経の無茶苦茶論理が目立ちますね。スピード第一内容はともかく、とは!
Commented by 高麗山 at 2006-07-12 06:46 x
 最終的には、大国の我侭が通るのでしょうか?  第2次大戦に、指導的役割を果たした大国が、優越的な地位を得ている、”安全保障理事会の常任理事国の拒否権”「既得権」の横暴、或いは”不均衡の中の均衡”とも、言うのでしょうか?私には、良く分かりません!
Commented by gakis-room at 2006-07-12 08:46
saheiziさん,なんだか集団ヒステリーの予感さえします。「国連憲章第7章」を単なる制裁と読み替えさせたのは誰の知恵なのでしょうか。少し恐ろしくなりました。
Commented by gakis-room at 2006-07-12 08:53
高麗山さん,国連で日本がイニシアティブをとるのは初めてのことです。しかし,「平和」ではなく「戦争」でとるとは悲しい事です。


<< 明日から55日間,真夏日が続き...      日本への脅威を具体的に説明して... >>