2006年 06月 27日
近くの公園は白い花だけになりました
d0006690_15291147.jpg2日続きの雨でしのぎやすかった昨日,一昨日とは違って,きょうは蒸し暑い1日です。気温は3時には30度を超えました。

近くの公園の花の季節は終わり,鮮やかな緑にあふれています。その中でくっきりとした白い花,2つが目立ちます。上の写真はクチナシ(多分)です。

ツツジに代わって,植え込みや生け垣としてあちらこちらで見られるようになりました。
d0006690_15294199.jpgこちらは,15センチくらいの大きな花です。数はそんなに多くはありませんが,目よりもかなり上の方で咲いています。

これもくっきりとした白色です。ホオノキキか,あるいはウケザキオオヤマレンゲだと思いますが,自信はありません。

ウケザキオオヤマレンゲはホオノキとオオヤマレンゲとの雑種だそうです。2つの白い花はどちらも毎年咲いていたはずですが,私の目にとまったのは今年がはじめてです。

「なんにも見えていないな」という自嘲と来年からは「必ず見える」という嬉しさは,昨年の8月4日に「ムクゲ」について書いた時と同じです。
[PR]

by gakis-room | 2006-06-27 15:45 | 花の手帳 | Comments(0)


<< きょうは雨が降ってほしかった      「神社参拝とは何か」を欠いたふ... >>