2006年 06月 22日
日銀総裁のプライドにかけて
「福井さん,人にはゼロ%金利を押しつけておいて,何でアンタは150%のなんだ」,これは私のやっかみです。日銀総裁の小出しの弁明以上に稚拙なパフォーマンスにはうんざりします。後ろめたさをかわすために運用益に元本を加えた2500万円は寄付するとか,30%の給与カットとか,マネーロンダリングならぬボディロンダリングのつもりでしょうか。

資産公開をどうするかで,本人も政府も幕引きを図ろうとしていますが,私はやはり福井総裁は辞職すべきだと思っています。理由は簡単です。金融政策の元締めである日銀の独立性に不透明さが出てきたからです。

政府に擁護されてその地位にを保持したあとの日銀総裁は,その借りをどのようにしてかえすのでしょうか。政府への借りには無頓着であったとしても,ゼロ金利政策の解除を遅らせれば,政府の意向に添うことで借りを返したと見られます。

逆に,ゼロ金利政策の解除を早めれば,独立性を強調するパフォーマンスと受け取られます。つまり,右を選択しても,左を決断しても日銀総裁の判断が金融の最高責任者としての専門家の判断とは受け取られることがないわけですから,専門家のプライドにかけても辞任以外の選択の道はないように思われます。
[PR]

by gakis-room | 2006-06-22 23:45 | つれづれに | Comments(4)
Commented by saheizi-inokori at 2006-06-23 10:20
お坊ちゃま育ち、温室でぬくぬくと、というのが日銀マン。そういう体質がすっかり露呈。受験秀才のまんまの子供たちにこの国の舵取りを任せては置けないです。
Commented by gakis-room at 2006-06-23 12:47
saheizi-inokoriさん,加えて,昨年9月の総選挙のツケがボディブローのようにじわっーきいてくるような感じです。
Commented by YUKI¥arch at 2006-06-23 14:17 x
楽餓鬼さん、権力、権限を持った者の矜持はどこへ行ったのか。
腐敗を自らが感じることもない、底なし沼ですね。
Commented by gakis-room at 2006-06-24 08:56
YUKI-archさん,ばれなきゃいい,ばれたらちょっとずつ弁解するというという構図と,「大量破壊兵器がどこにあるか,そんなことは知らない」という居直りとが対であるこの国,それを愛せよなんて恥知らずですよね。


<< プライバシーを暴き立てて得意げ...      きょうは夏至です >>