2006年 06月 11日
野焼き
d0006690_523637.jpg昨日の午後,野焼きを見ました。

野焼きは春先に行われるものだと思っていましたので,この時期の野焼きは何か珍しいものを見たような感じでした。

夕暮れ時,秋の刈田で立ちのぼる煙は,好きな風情のひとつですが,もう長い間,見ていないような気がします。
[PR]

by gakis-room | 2006-06-11 05:20 | つれづれに | Comments(2)
Commented by 高麗さん at 2006-06-11 11:14 x
懐かしい、光景ですね!義父に言わせると環境問題で、何処の自治体も一応、禁じているそうです、但し、殆ど罰則は伴わないと言うことですが。私も、家の土手の芝焼きをして、市の環境課から注意を受けた、経験者です!昔からの、慣習行為にも環境は勝るものなのですね。
Commented by gakis-room at 2006-06-11 18:20
調べてみました。「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」が2001年度改正施行され,廃棄物の野外焼却, いわゆる野焼きが5項目の例外を除いて禁止となり, 野焼きをすると法律で罰せられる(懲役3年以下又は300万円以下の罰金)ことになりました。

写真の場合は,「農業・林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却(例:焼き畑・畔草や下枝の焼却・魚網にかかったごみの焼却等)」に当たりそうです。

秋に刈田からの煙を見ることがなくなったのはこういうことだったのですね。


<< 残った苗の行方      鳥害を防ぐロープ >>