2006年 06月 05日
文化庁の非文化的決定・芸術選奨の取り消し
05年度芸術選奨文部科学大臣賞(美術部門)を受賞した画家の盗作疑惑問題について,文化庁はきょうの午前,同賞の選考委員会を開いて受賞の取り消しを決定しました。私にはこの決定までもおぞましい事件に見えました。

くだんの画家は「西洋画を学んだ者でなければ作品のオリジナリティは分からない」としたうえで,「この主張は理解されないだろうから,受賞を返上する」としてきました。しかし,一つ二つの類似作品ならともかくも,盗作疑惑が35点にも及ぶとあっては,なんとも往生際が悪いと,あきれるばかりです。

したがって,文化庁の取り消し決定は当然といえば当然です。しかし,この決定に「そんな,アホな」との感想を禁じ得ませんでした。問題は決定の内容にではなく,文化庁の再審査なるものの手続きにあります。

テレビ報道によれば,選考委員会の構成は7人だそうです。きょうの決定はそのうち4人が欠席,出席した3人の「満場一致」なのだそうです。普通,会議の成立条件は最低でもその構成員の過半数の出席を要する,というのが常識だと私は思っています。

もちろん突然の会議でしたから,都合のつかない選考委員もいてもやむを得ません。しかし,事柄は芸術選奨始まって以来の「賞の取り消し」です。それを3/7の出席で決めた選考委員と文化庁の官僚の非文化的センスに,ただあきれるばかりです。
[PR]

by gakis-room | 2006-06-05 19:08 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/3186502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 高麗さん at 2006-06-06 01:56 x
議決の結果七人中、三人とか、或いは民主主義、人民、自由とか昔の社会主義標榜語だけが、何故残存するのでしょううか?野に咲く花に酔いしれていたのに!又もや、水割り三杯ごめんなさい!
Commented by gakis-room at 2006-06-06 08:13
深読みしすぎではないでしょうか。それはともかくも,きょう,植物園に行きます。
Commented by ピョルスニ at 2006-06-06 11:50 x
この一連の件、関わった人達のやっていることは、文化や芸術から一番遠いことしてる気がします。見ていて、見苦しいし、恥ずかしいですね。
Commented by gakis-room at 2006-06-06 18:42
昨日は,村上ファンド関連のニュースよりも私にはこのニュースのほうがが印象的でした。


<< 午後から植物園に行きました      敗北した韓国大統領のニヒリズム >>