2006年 06月 03日
下を向いて咲くナスの花
d0006690_17411439.jpgナスの花です。鮮やかな紫色は,遠くからもよく分かります。

近づいて見ると,どれも下を向いて咲いています。午前中に見ても,午後に見ても下を向いていました。

私は花は光の方を向くものとばかり思っていましたから,これは意外なことでした。なぜ,ナスの花は下を向いて咲くのでしょうか。

20分ほどの道のりですが,「例の田舎道」はいろいろなものを見せてくれます。

「カメの甲羅干し」(4月26日),「はぐれタケノコ」(5月12,19日),「ジャガイモの花」(5月21日),「さわやかなツツジ」(5月23日),「造花のような花」(5月25日),そして,昨日の「タマネギの不思議」

すべて「例の田舎道」で見たものです。これからますます汗ばむ季節です。小さなものですが起伏もあってひと汗,ふた汗になりそうですが,何が見られるか楽しみな道です。
[PR]

by gakis-room | 2006-06-03 17:42 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/3173753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 高麗さん at 2006-06-03 23:49 x
観察眼の鋭い餓鬼さん!茄子の花の数と、結実を観察して下さい。昔から”親の意見と茄子の花は、千に一つの仇暮無い”と詠われています!又、田植えの後の、稲の開花期にも注目しておいてください、何気ない花ですが今年の、豊、凶に関わる重大な花の咲き方をします!老婆心。
Commented by haruikuyoshi at 2006-06-04 10:17 x
野菜たちも花のシーズンですね。
うちにある家庭菜園にもきゅうりの花といちごの花が咲いてます。
高麗さんのコメントは興味深いですね。
Commented by gakis-room at 2006-06-04 15:28
「高麗さん」さん,というのも何か変ですから,高麗さん,コメントありがとうございます。ナスの結実はともかくも,「親(としての私)の意見」には,それはもう,無駄というか,徒花というか,いっぱいありますね(笑い)。
稲の開花は8月ころですよね。それも1時間足らずで終わってしまうとか…。楽しみにしています。
Commented by gakis-room at 2006-06-04 15:29
haruikuyoshiさん,家庭菜園もあるのですね。多才さがうらやましく思います。


<< 敗北した韓国大統領のニヒリズム      根元から折れるタマネギの不思議 >>