2006年 04月 26日
春のなごり
d0006690_16234545.jpg寒い4月です。昨日の気温は平年より5度近くも低く,4月の初旬並みでした。

黄砂が例年になく多い4月です。昨日も一昨日も黄砂が見られました。雨も多かったように思います。そのためか,ある人のブロクでの表現を借りれば,今年は「散り際の悪い桜」でした。その桜もしっかりと葉桜を誇っています。

田の畦では,「人間から自立した」あるいは「人間に見捨てられた」菜の花が依然として健在です。立夏は今年は5月6日ですから,暦の上ではまもなく春も終わりいうことになります。

あちらこちらで見られるタンポポの綿帽子は春の名残りなのでしょうか,それとも夏の告知なのでしょうか。
[PR]

by gakis-room | 2006-04-26 16:47 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by YUKI-arch at 2006-04-27 03:59 x
タンポポは、人類の存在にかかわらずspontaneousを貫いていますね、二つの意味で。自然に起こると、自発的なと。すてきな写真です。
Commented by gakis-room at 2006-04-27 07:42
まさに「薔薇の木に 薔薇の花咲く 何事の不思議なけれど」ですね。


<< カメの甲羅干し      千葉7区・最年少議員の誕生と私の疑問 >>