2006年 04月 24日
「シラサギ」という鳥はいない
d0006690_7492190.jpg昨日は,少し曇っていましたが風もほとんどなく穏やかな天気でした。自転車であちこち走り回っているといくつもの草花や鳥を見ることができます。

私は草花や鳥の名前には疎いのですが,それらを知っていたらもっと楽しいだろうと思います。

春爛漫です。たくさんのモンシロチョウがいました。モンキチョウもアゲハチョウも見ました。いくつもの鳥の鳴き声も聞きました。チョウも鳥もじっとしていないので,カメラが追いつきません。ただ,シラサギは私の腕でも大丈夫です。

奈良には大小たくさんのため池があります。たいていは金網のフェンスに囲まれています。そんなフェンスにシラサギを見ました。頭から首にかけて茶色っぽいものを見たのは初めてです。私はシラサギの子どもかなと思っていました。

ところが,調べてみると「シラサギ」というサギはいないそうです。一般に「シラサギ」と呼ばれているのはコサギとチュウサギとダイサギだそうで,その総称として「シラサギ」と言っているのだそうです。

コサギは足の指が黄色いのでダイサギと大きさ以外で区別がつき,ダイサギはコサギに比べずっと首が細く長く見えるとのことです。アマサギというのもいるようです。「成鳥の夏の羽はくちばしや頭から首,胸にかけてだいだい色です」と書かれていました。

写真の「シラサギ」は右から,ダイサギ,アマサギ,コサギ,コサギ,アマサギで,3種類を一度に写真に納めた,と勝手に納得していますが,自信はありません。
[PR]

by gakis-room | 2006-04-24 07:56 | つれづれに | Comments(3)
Commented by saheizi-inokori at 2006-04-24 12:16
すごい写真!だとおもいます。
Commented by YUKI-arch at 2006-04-24 16:55 x
奈良町、奈良ホテルの周辺しか、
じっくり歩いたことがなくて。
奈良の環境、うらやましいですね。
Commented by gakis-room at 2006-04-24 18:57
saheiziさん,ありがとうございます。本当はダイサギがもう1羽いたのですが,デジカメの取り出したとたんに飛んでいってしまいました。口惜しく思います!!

YUKIさん,奈良に住んでいながら,「奈良を見る」のはリタイアした昨年からです。それも,この4月からはフリーの日が週5日から,週3日に減ってしまいました。自分で決めたことですが,これも口惜しく思っています。


<< 千葉7区・最年少議員の誕生と私の疑問      昨日はちょっとした「鬱」でした >>