2006年 04月 21日
ダイコンの花
d0006690_16402064.jpg大根の花を初めて見ました。遠くから見ると,「白い菜の花」のように見えます。

近づいて見ると,大根の花です。すらっと延びた茎の長さに驚かされます。その先に小さな白い花をたくさん咲かせていました。大根からはとても想像できないかわいらしさです。

これは種をとるものなのでしょうか。どの大根も本体の部分をかなり土から出していました。昨年だったでしょうか,コンクリートから突き出した「根性大根」が話題になりました。

大根は,みんなあんな風に半分くらい土から突き出して成長するのだということも初めて知りました。花はお浸しにもなるとのことですが,果たしてどんな味なのでしょうか。
[PR]

by gakis-room | 2006-04-21 16:46 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by 高麗さん at 2006-04-22 01:11 x
約45年位以前になるでしょうか?森繁久弥の映で、”大根の花”がありました。内容は深く思い出せませんが何か淡々とした、家庭生活を描いていたような気がします。
又、大根の花と、芥子の花に興味を持った時代がありました。阿片を産むあの芥子の可憐さ!(中学時代、教育系の国立校に在籍、特別な許可を得て生育させていたのでしょう、私が養育係りでした)、私の父も、花の可憐さにとりつかれて栽培していました。阿片の根源であることを指摘すると、翌日には、一木一草花壇から消えていました。その毒性の元になる花と、いまや我々の生活と、切り離すことの出来ない大根の花とには、すごくいとおしい共通の可憐さがあるような気がしてならない私です。(水割り3杯)

  









Commented by gakis-room at 2006-04-23 05:39
子どものころ私の家の庭にも芥子の花がありました。薄いピンクのきれいな花でした。茎に比べて大きめの花が風に揺れていたことを思い出しました。私の家の芥子がいつ,どのような理由で消えたかは思い出すことはできません。


<< 昨日はちょっとした「鬱」でした      10万個の提灯行列・「燃灯祝祭... >>