2006年 04月 05日
桜に遊ぶ鳥がいました
d0006690_3111970.jpg昨日,市内を自転車で走り回りました。それは例によっての思いつきからではありません。

近くの公園の桜はまだ七分咲きです。天気予報は夕刻から明日の午前中は雨とのことでしたから,雨で散ってしまう前にちょっと見ておこうと思いました。これは後から知ったことですが,満開になるまでの桜は雨にそんなに弱くないそうです。

しかし,家を出るときは「明日ありと思う心のあだ桜 夜半に嵐の吹かぬものかは」という古歌の気分でした。満開のところはいくつかありました。五分咲きにもかかわらず,その下で宴をしゃれ込む人もいました。

短くても,しばらくは桜の季節です。おもしろいものを見ました。桜に遊ぶ鳥です。私は鳥の種類には疎いので,鳥の名前はわかりません。見ていると,時々桜の花びらを啄んだりしています。

鳥が花びらを食べたり,花の蜜を吸うとは思われません。花に寄る虫を啄んでいるのでしょうか。古来,花の匂いといえば,桜ではなく梅ですが,桜にもたくさんの虫が集るということを知りました。
[PR]

by gakis-room | 2006-04-05 03:39 | 花の手帳 | Comments(0)


<< 4月5日,何もない1日でしたが…      1日の終わりに >>