2006年 02月 23日
民主党,無惨
自民党の武部幹事長に関わる「疑惑メール」問題については,予算委員会でこれを持ち出した民主党の永田議員がきょう,辞意(辞職?)を党執行部に伝えたことで,ニセメールであったことが確定したようです。

これにより,一転して民主党は窮地に立つことになりました。永田議員の辞職なり,ニセメールをもとに自民党を追求してきた民主党の前原代表の責任が焦点になってきました。しかし,私にはきょうの窮地以前に民主党の痛々しさを感じざるを得ませんでした。

昨日の党首討論で,前原代表は「国政調査権の発動に同意するなら金融機関の特定と口座番号を明らかにする」として小泉首相に迫りましたが,小泉首相は「口座番号が明らかにされれば,それだけで解決する,国政調査権など発動の必要はない」と拒否します。

前原代表は「国政調査権の発動が保障されないまま,口座番号を明らかにすると握りつぶされてしまう,そうすれば(民主党は)カードを失う」と述べました。私が痛々しさ,無惨と感じるのはこの一点です。

前原代表はかつて若手議員によるディベート大会で優勝したこともある議論の名手と聞いていました。「カードを失う」から口座番号を明らかにできない,というのは議論ではありません。私には泣き言に聞こえました。この場合,「握りつぶされる」ことを前提に議論は立論されるべきです。

無惨といえば,「お金で魂を売っている」と武部幹事長を非難した永田議員の2度目の質問時での「どうすればわかってもらえるのですか」との小泉首相への問いは,知性を疑わせるほどの泣き言でした。

泣き言をもって政権党を追求する野党に,私にはメールの真偽問題以前に「無惨」と呟やかずにはいられませんでした。
[PR]

by gakis-room | 2006-02-23 19:01 | つれづれに | Comments(1)
Commented by 盗人風41 at 2006-02-23 19:34 x
誠に同感! 軽率の代名詞をはるかに上回る、民主党の軽さ。 
 老獪の、尻尾を踏めぬ若さかな? さるさる日記の方が1、2枚上手の感じがする。


<< 白梅が色めき立ちました      春の訪れを告知してくれるもの >>