2006年 02月 16日
カーリングっておもしろそう
トリノ冬季オリンピックでは,日本勢の不振が続いています。不振と言うよりも,メダル獲得がゼロであることへのいらだちがテレビから伝わってきます。私は,国別メダル獲得数にはほとんど関心がありませんから,これまでのように個別の競技を私なりに楽しむことにしています。

昨夜ときょう,2日続きでカーリング競技を見ました。私はカーリングについてこれまで何も知りませんでした。むしろ,これまでの私の身近なところでの話題としては,カーリングは半ばからかいの対象であったように思います。

昨日,偶然にカーリングを見て,面白いと思いました。札幌カーリング協会のホームページ(日本カーリング協会のそれよりも充実しています)でストーンの動きについて詳しく紹介されていますが,もとよりすぐには熟達できません。

きょうのデンマーク戦が楽しみでした。「氷上のチェス」と言われるそうですが,駆け引きはなかなかのものです。その上,私ならどうしようかと,ゲームに参加とまでは行きませんが,かなり関わることができたような気分になります。

多くの競技がスピードと距離と美しさが競われるの中で,カーリングだけが異色のように思われます。トリノ五輪はカーリングを追いかけることになりそうです。
[PR]

by gakis-room | 2006-02-16 11:31 | カーリング | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/2702798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 「北朝鮮の美女応援団21名,政...      童謡の謎・雨降りお月さん >>