2018年 01月 08日
ラグビー,ラグビー,ラグビー
d0006690_16214725.jpgこの3日間の午後はラグビーを楽しみました。

6日 トップリーグ(社会人リーグ),順位決定戦(準
   決勝)2試合
7日 大学ラグビー決勝戦
8日 高校ラグビー決勝戦

その中で,これまでラグビー中継では見なかったものを2つ見ました。

① 試合中の芝の修復 写真①と②
場所は秩父宮ラグビー場です。何でも芝の張り替え中と

d0006690_16535148.jpgかで,しっかりと根付いていないからと思われます。試合中に大きくめくれてしまうことがありました。

写真① ハーフタイム中での修復です。めくれた芝を元
    に戻して上から押さえつけています。
写真② 後半のゲーム中にレフリーが試合を止めて修復
    を要請しました。

大きな穴ぼこは安全面からも修復に納得しましたが,芝の張り替え時期について,ラグビー場の管理計画としは一考があるように思えました。


d0006690_1623130.jpg写真③ 高校決勝戦の大阪桐蔭高校のジャージ
背中の背番号の上に「WHIRL WIND」の文字が見られます。意味は「旋風(Whirlwind)」かと思われます。「挑戦者をモットーに,日本一目指す」同部は旋風を巻き起こせということでしょうか。

いずれにせよ,ジャージの背面に背番号以外にスローガン(?)を見たのは初めてのことです。

【試合結果について】
トップリーグ決勝戦は,トヨタ自動車を17−11で破ったパナソニックと,ヤマハ発動機を49ー7の大差でくだしたサントリーとによって1月13日に行われます。これが同時に日本選手権決勝です。日本選手権と言えばかつては社会人1位と大学1位との対戦でしたが,社会人チームが1988年以来昨年まで29連勝中です。諸事情から今年は大学チームは日本選手権に参加できませんでした。

その大学選手権は帝京大学が明治大学を21−20と逆転して9連覇しました。「もしも」の話ですが,明治大学は前半5分のペナルティゴール(3点)と14分のトライ後のゴール(2点)に失敗しています。それほど難しい位置からのキックではありませんでしたから,明治大学としては悔やみきれない敗戦かと思われます。

高校ラグビーは雨の中で行われました。その雨のためかハンドリングのミスが多くありましたが,試合は東海大仰星高校が後半3つのトライを決めて27−20で大阪桐蔭高校に逆転勝ち,2大会ぶり5回目の優勝です。
なお,東海大仰星は1月1日の3回戦で,秋田工業高校と27−27で引き分けていますが,トライ数(5ー3)で勝り,準々決勝に進出しました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2018-01-08 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/26331545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 風の強い日      明日から日の出時間が早くなります >>