2006年 01月 25日
小泉的弁解と悪ガキ的弁解
小泉首相は堀江前社長問題について,国会答弁では「自民党の支援と逮捕とは別」と繰り返していますが,記者会見での言い分は,すっかり悪ガキの弁解です。以下は25日の朝日新聞の記事です。

「(堀江前社長に対する)メディアの持ち上げ方,何ですか。自分の持ち上げ方を棚にあげて,改革まで私の責任と批判している」と反論した。…さらに,記者団が「広告塔として利用したのでは」と問うと,首相は「メディアが広告塔みたいにしたんじゃないですか。時代の寵児みたいに取り上げたのはどうなのか」とも語った。

ここには,自らの言動に対する政治家としての真摯さはありません。私は悪ガキの弁解を思い出しました。非違を問われて,「私だけがやっているんじゃない,みんなやっているのに,どうして私だけを問いつめるのか」と悪ガキは弁解します。

違っているのは,私の接した悪ガキのほとんどは,最後にはきまって「ゴメン」とベソをかいたものでした,たとえ小声ではあっても。
[PR]

by gakis-room | 2006-01-25 19:13 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/2587248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 二人の死・あれから5年      堀江社長の逮捕と小泉首相の手法 >>