2017年 07月 12日
「夏の大三角」を見てみたい
d0006690_1752427.jpgこのところ日中は晴れていても夕方から曇る日が続いています。きょうの日照時間は5.3時間で,午後2時以降の日照はありませんでした。昨日は10.1時間でしたが,午後5時過ぎからは雲が広がりました。

なんとか雲のない夜の空に,最近知った「夏の大三角」を見たいと思っています。

「夏の大三角」とは,こと座のベガ(織り姫星)とわし座のアルタイル(彦星)とはくちょう座のデネブを結んだ三角形のことです。ベガ(織り姫星)とアルタイル(彦星)の間には天の川が流れます。

この「大三角」は,夏の晴れた夜,暗くなってすぐの東の空の高いところから天頂付近にかけて見られるとのことですから,「私のベンチ」からは桜の葉が邪魔をして見ることができませんが,別のベンチに浅くすわって見上げればきっと見ることができそうです。

まあ,7月いっぱいは見られるようですから,慌てることではありませんが。
[PR]

by gakis-room | 2017-07-12 18:10 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/24850753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ひさみ at 2017-07-12 23:52 x
いえいえ、8月どころか9月でも見ることができますよ~
この街中でも十分識別できますから、そちらではしっかり見ることが出来るはずです❗と言うより街中ゆえにそれらの目立った星しかみえないのかもしれませんね💦
Commented by gakis-room at 2017-07-13 07:45
ひさみさん,
8月,9月でも見られるのでしたら,
梅雨明けをゆっくり待つことにしましょう。
ところで9月ともなれば,「夏の〜」は変な感じがしますね。


<< きょうも暑い,そして北海道はも...      コムラサキ,この生命力 >>