2017年 07月 09日
ハナズオウの実と葉
d0006690_16261491.jpgハナズオウ マメ科 ハナズオウ属

ハナズオウ(花蘇芳)に始めて出会ったのは昨年の4月中旬でした。花には花柄がないので花は枝に直接つき,密集感に溢れていました。
(左の写真は2016年4月19日)

花後に「キヌサヤインゲンのような平たい豆鞘(長さ5~7cm,幅1~1.5cm)がたくさん垂れ下がる」とのことでしたから,どんなものか見てみたいと思っていましたが,昨年はすっかり忘れて,今年になりました。


d0006690_16253313.jpgハナズオウの実です。

枝にびっしりとついていた花が全部実になったのでしょう,想像以上にたくさんの実が付いています。1本の枝にこれだけの実ですから,全体では「実だらけ」です。見事です。

昨年には気づきませんでしたが,ハナズオウの葉もずいぶんと大きな葉です。大きいものでは掌より少し小さいくらいですから,10×13センチほどでしょうか。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-07-09 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/24787270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 奈良ではきょうから「真夏日」の...      暑い暑い北海道,帯広,本別は2... >>