2017年 06月 28日
安倍首相の「意欲のあるところにはどんどん(獣医医学部)新設」発言は連続ちゃぶ台返し
【訂正】    (7月11日)
北里大学を東京としましたが,東京・白金キャンパスにはあるのは法人本部,薬学部などです。
獣医学部は1年次は相模原キャンパスで学びますが,2年次以降は青森・十和田キャンパスで学びます。したがって,北里大学獣医学部の所在地は東京ではなく青森県となります。

d0006690_14123528.jpg安倍首相は「獣医学部新設」に関して,6月24日,神戸市で次のように発言しました。  

特区は規制改革の突破口だ。…(1校に限定して認めた)中途半端な妥協が,結果として国民的な疑惑を招くことになった。今治市に限定する必要は全くない。地域に関係なく,2校でも3校でも,意欲のあるところにはどんどん新設を認めていく。

これまでの「獣医学部新設」について以下のような4原則をは安部内閣は閣議決定(2015年6月30日)しています。

【獣医学部新設検討の際の原則(いわゆる4条件)】
  ①既存の獣医師養成でない構想
  ②ライフサイエンスなどの分野での具体的
   な需要
  ③既存の台が・学部で対応が困難
  ④獣医師の需要動向


「意欲」があることとこの「4条件」との関係はどうなのでしょうか。「意欲」があってなお且つ「4条件」を満たす,と言うことにならなければ,閣議務決定を首相自らが否定することになります。(ちゃぶ台返し・1)

また,この4条件に加えて,国家戦略特区諮問会議(議長は安倍首相)は「地域限定の条件」を加えました(2016年11月9日)。

  「広域的に獣医学部が存在しない地域に限り新設を可能とする」

それで,岡山理科大学(加計学園)が今治市に予定している「獣医学部」が「4条件」を満たしているかどうか私には不明です(ニュースを見逃したかな?)が,「地域限定条件」については地図で確かめて見ました。

現在「獣医学部」のある大学は16校です。それを地図に落としてみると,「広域的に獣医学部が存在しない地域」は四国だけです。「地域限定条件」はたいした知恵です。四国が自然に浮かびあがります。

四国以外に残っている「広域」は強いて言えば「北陸」だけのようです。「地域に関係なく2校でも3校でも」認めていくためには自らが議長として決めた「地域限定の条件」をひっくり返さなければなりません。(ちゃぶ台返し・2)

「国民的な疑惑」を払いのけようとの「ちゃぶ台かえし」でしょうが,自らが用意したちゃぶ台をかえすのですから,後始末も自らの手で。

※地図はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-06-28 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/24650578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2017-06-29 10:21
何だか酔っぱらっているかのようにめちゃくちゃですね。
Commented by gakis-room at 2017-06-29 17:08
saheiziさん,
かつて「(国家戦略特区諮問会議へは)指示を出したこともないし,出せない仕組みになっている」といっていたのに,今回はあからさまな指示です。

論理の矛盾には気づかぬほどにスネの痛みが大きいということでしょうか。


<< アフリカハマユウ      「イチョウの若木2015・その... >>