2005年 12月 31日
2005年の記憶へ
きょうで2005年が終わります。戦後60年の節目の今年もたくさんの出来事がありました。中でも,郵政民営化と小泉自民党の肥大化,JR尼崎脱線事故,耐震強度偽装,アスベスト問題あるいは幼女殺害事件などが,2005年に記憶される出来事になるのでしょうか。

概して「いやな感じ」を伴う事件が多かったような気がします。私個人の生活の範囲では,高校教員生活のリタイアが最大の事件です。4月から大学の非常勤講師をしていますから,ものの考え方に大きな断絶はありませんが,生活のスタイルは一変しました。

一変したというよりも,新しい生活のスタイルを見いだせないままになっています。時間をどのように使うのか,ほとんど毎日の時間の使い方は私に任されています。別段,時間を有意義に使おうとは思ってもいませんから,全てその日の気分次第というのも,それはそれでいいのかも知れません。

と同時に,もう少し生活のスタイルをはっきりとしたものにしてもいいかなとも思っています。この意味で,ブログの更新は生活にひとつのリズムを与えているようです。

ブログは3月19日から始めましたが,きょうで178回目の更新です。慣れるにつれて更新の頻度も増えて,8月以降は毎月22〜25回の更新ができるようになりました。アクセス数も2500件を超え,10月以降は日に10〜15人の人がブログを覗いてくれいます。

言葉を換えれば,毎日10〜15人の見知らぬ人に私を晒していることになります。「何人かにいつも見られている」と言えば響きは良くありませんが,見られているという意識は存在の自己確認にもなっています。

とまれ,1年が過ぎて新しい1年へ。来年も時間の経過の中で自分自身を創っていく営みが止まらないようにしたいと思っています。

良いお年をお迎えください。
[PR]

by gakis-room | 2005-12-31 13:10 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/2455654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 2006年1月1日      若者たちによる素敵な文化交流 >>