2017年 05月 29日
ヤマアジサイ,「七段花」でしょうか?
d0006690_1714950.jpgヤマアジサイ(山紫陽花) アジサイ科 アジサイ属

これもヤマアジサイです。「七段花(シチダンカ)」でしょうか。背丈は50センチほどです。

「シチダンカ」はヤマアジサイの変種で六甲山の特産種です。シーボルトの「日本植物誌」に採録されてはいましたが,実際には見かけることがなく,「幻の名花」と言われていたそうです。しかし,1959年(昭和34年)に六甲山系内で六甲小学校の教員によって「再」発見されました。

六甲の元の株は2009年に枯れましたが,その間に挿し芽などて増やされ,全国に広がりました。

d0006690_1722555.jpgひとつの装飾花の花径は1センチほどです。その装飾花を含めて掌に収まる程度の大きさです。

装飾花が八重咲きで,何段もかさなって星状に見えるところから「シチダンカ(七段花)」です。

色は淡青が多いようですが,薄紅,濃紫,藍色もあるようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-05-29 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/24279302
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tona at 2017-05-31 16:38 x
シチダンカや墨田の花火などすぐ特徴を忘れてしまいます。毎年見るようにしているのにです。
ましてや山アジサイはさっぱりです。
山(高尾山など)に咲いているコアジサイやタマアジサイがやっとわかってきたかしら。
花ショウブ、アジサイ、ユリは6月の花として素敵ですね。
Commented by gakis-room at 2017-05-31 17:31
tonaさん,
「掌に収まるものはヤマアジサイ」とずいぶんいい加減な分類です。
個別の名前は月日とともに忘れれてしまいます。


<< きょうの最高気温は31.6度,...      ヤマアジサイ,「楊貴妃」かな? >>