2017年 05月 03日
憲法施行70年,第97条の訴え
憲法施行70年,「節目の年に必ずや(改憲の)歴史的一歩を踏み出す」とは1日の安倍首相の言です。各紙はそれぞれに特集を組んでいます。全国紙5紙と三大地方紙とされる北海道新聞,中日新聞(東京新聞は中日新聞の言わば東京本社版で社説等は同じ)の社説を並べてみました。産経新聞の異常に長い見出しと朝日新聞が1面と通常の12面での2本立てが特徴ですが,見出しからそれぞれ新聞社のおおよその立ち位置がうかがわれます。

産経新聞  「北朝鮮をめぐる情勢は、日本にとって戦後最大の危機となりつつある 日本国民を守る視点を欠く憲法
       は一日も早く正そう」
読売新聞  「憲法施行70年 自公維で3年後の改正目指せ」
日経新聞  「身近なところから憲法を考えよう」
毎日新聞  「施行から70年の日本国憲法 前を向いて理念を生かす」
朝日新聞  「憲法70年 この歴史への自負を失うまい」(1面)
      「憲法70年 先人刻んだ立憲を次代へ」(12面)
北海道新聞 「憲法施行70年 危機の時こそ役割が増す」
中日(東京新聞)「憲法70年に考える 9条の持つリアリズム」
西日本新聞 「憲法施行70年 世代超えて紡ぐ理想こそ」

d0006690_17221537.jpg左は産経新聞の1面のトップ記事です。「論説委員兼政治部編集委員 阿比留瑠比」の署名入り記事ですが,内容は産経新聞が好んで使う言葉を借りれば,日本国憲法を「貶める」ことだけの戯れ言です。
   ※WEB版では最初の2段が省略されて,見出しは
   「日本国憲法70歳の何がめでたいのか? 投げ
    やりで無責任な条文が日本人のモラルをゆがめ
    てきた」となっています。

「現行憲法は連合国軍総司令部の若手民政局員らが短期間で草案を書き上げた.…そんなものを,われわれは後生大事に70年間も神棚に飾って信心し,全く手を触れずきた。何とも『おめでたい』話であり,とても祝う気にはなれない」

んだそうです。品のない紙面構成ですが,それはともかくも現行憲法103条の中で私が1番好きな部分は第97条です。

第97条
 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は,人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であって,これらの権利は過去幾多の試練に堪え,現在および将来の国民に対し,侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。

基本的人権は「人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果」であって,しかも何度も押しつぶされそうになったけれど「幾多の試練に堪えて」きたと言います。

自由,基本的人権はこれからもこれまでのように押しつぶされる危険にさらされます,たとえば「共謀罪」のように。だから,憲法は第12条では次のように言います。

第12条
 この憲法が保障する自由および権利は国民の不断の努力によってこれを保持しなければならない。

義務はいつも権力によって「強制執行」されますが,権利・自由は権力によって侵害されることはあっても,「強制擁護」されることはないといえます。
[PR]

by gakis-room | 2017-05-03 18:15 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/24144243
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< さてさて今年は?,イチョウの若...      八重のヤマブキ >>