2017年 04月 07日
予選ラウンドは7位で終わる,カーリング男子世界選手権
d0006690_1541113.jpg
1位〜4位は決勝トーナメントの結果によって変動する。オリンピックポイントも同様である。
3位・4位,5位・6位,7位・8位は直接対決による。

d0006690_14243696.jpgカーリング男子世界選手権予選ラウンドが終了しました。日本は最終日,スイスに5−6,中国に2−9と連敗し,予選ラウンドを5勝6敗の7位で終わりました。

当初の目標であった決勝トーナメント進出,メダル獲得は成りませんでしたが,7位までにオリンピック出場権が与えられるオリンピックポイントではポイント15の4位です。

SC軽井沢が近年急速に,なおかつ安定した力を付けてきたことは世界選権での成績からもうかがえます。今大会は7位に終わりましたが,平昌オリンピックは単に20年振りの出場にとどまらず,メダル獲得が夢ではなく,すぐれて現実的な目標になっています。

【SC軽井沢の世界選手権での成績】
  2017年  7位
  2016年  4位
  2015年  6位
  2014年  5位
  2013年  11位    ソチオリンピック(2014)へのオリンピックポイントは2013年と2012年の合計
  2012年  不出場
  2011年  不出場 
  2010年  12位(チーム常呂が出場)
  2009年  10位
[PR]

by gakis-room | 2017-04-07 18:00 | カーリング | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/24059498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by korima at 2017-04-08 15:40 x
中国との試合は、選手たちしんどかったやろなと
おもいました。
でもわずかの差ですからね!
(さて、決勝トーナメントを穏やかに楽しみます)
Commented by gakis-room at 2017-04-08 16:09
korimaさん,
4位のアメリカから8位のノルウェーまでどこが上位になっても不思議ではないようです。
SC軽井沢には平昌でがんばってもらいましょう。

私も決勝トーナメントを穏やかに楽しみます。


<< 圧倒的なカナダの強さ,カーリン...      カーリング男子,平昌オリンピッ... >>