2017年 03月 08日
まとまって咲いているフクジュソウです
d0006690_1783841.jpgフクジュソウ キンポウゲ科 フクジュソウ属

今は通ることのなくなった「例の田舎道」でかつて見たことがあります。その時は1輪だけでした。

1輪とはいえ,枯れ草から顔を出す鮮やかな黄色も素敵でしたが,まとまって咲いているのもいいものです。群落とはいえませんが,野生ではこんな感じかも知れません。

d0006690_179568.jpg花径は3センチほどです。

花はパラボラアンテナのようにゆるいお椀型をしていますが,これは日差しを中心に集めて空気をあため,受粉してくれる虫を誘うためとも言われています。フクジュソウの花には蜜がなく,花粉だけだそうですから,虫を集める工夫です。

また,夜には閉じて,寒さから雄しべや雌しべを守るんだそうです。開閉する花はたくさんありますが,いずれも同じ働きなのでしょうか。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2017-03-08 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/23932580
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 遠ざかる春      斑入りのアリッサム,「 スーパ... >>