2017年 02月 10日
京都の三珍鳥居・番外その9,清明神社の神額が社紋の鳥居
※写真はクリックすると拡大します。
d0006690_15255654.jpg清明神社の一の鳥居の神額(扁額)は神社名ではなく,清明神社の社紋の五芒星(ごぼうせい)です。五芒星は別名を清明桔梗(せいめいききょう)とも言い,陰陽道での魔除けの呪符です。

清明神社はいうまでもなく平安時代の陰陽師・安部清明を祀る神社で,彼の死の2年後の1007年に,一条天皇の命により屋敷跡に建てられました。

現在の境内はこじんまりとしていますが,創建時は相当に広大な広さだったと言います。しかし,応仁の乱以後は荒れるにまかされていましたが,幕末以降少しずつ整備されました。境内地が堀川通りに面するように拡大されたのは1950年のことだったと言います。

d0006690_17344843.jpg【社殿】
左に安部清明象,右に魔除けの桃が置かれています。

桃は古来,中国また陰陽道では魔除け・厄除けの果物といわれます。古事記や日本書紀などでも魔物を追い払う様が描かれているそうです。自身の厄などをこの桃になでつけて清々しい気分を取り戻します。

右手前の樹木は清明神社の神木で,推定樹齢300年のクスノキです。

d0006690_1526266.jpg【旧・一条戻橋と式神石像】
旧・一条戻橋
一条戻橋は源頼光の四天王の一人,渡辺綱が鬼女の腕を切り落としたところとして有名です。1995年に掛け替えられましたが,これは元の橋の親柱を境内に移したミニチュアです。

一条戻橋は現在は清明神社の南100メートルの所にありますが,当時は安部清明の広大な屋敷地のほぼ真東に位置していました。

式神石像
橋の左置かれた式神とは,陰陽師が使う鬼神のことです。安部清明は十二神将を式神として使役し,家の中に置いていたが,晴明夫人が怖がったので,式神を橋の下に封じ込め,必要な時に召喚したと言います。

d0006690_15265615.jpg【現在の一条戻橋】
手前が東堀川通り,橋の向こうが堀川通りです。








京都の三珍鳥居・その1,蚕の社の三柱鳥居
京都の三珍鳥居・その2,伴氏社の鳥居
京都の三珍鳥居・その3,厳島神社の鳥居
京都の三珍鳥居・番外その1,日乃出稲荷社の奴禰(ぬね)鳥居
京都の三珍鳥居・番外その2,野宮神社の黒木鳥居
京都の三珍鳥居・番外その3,車折神社の屋根付き鳥居
京都の三珍鳥居・番外その4,安井金比羅宮の角鳥居
京都の三珍鳥居・番外その5,大酒神社の八角鳥居
東京の鳥居・その1,四神の彫刻のある鳥居・虎ノ門金刀比羅宮
東京の鳥居・その2,双龍の彫刻ある鳥居・品川神社
東京の鳥居・その3,これも鳥居です・烏森神社
大神神社(奈良県桜井市)の三ツ鳥居(みつとりい)
京都の三珍鳥居・番外その6,京都の街中の小鳥居
京都の三珍鳥居・番外その7,御金神社の金色の鳥居
京都の三珍鳥居・番外その8,菅大臣神社の屋根付きの鳥居
[PR]

by gakis-room | 2017-02-10 18:00 | つれづれに | Comments(2)
Commented at 2017-02-12 22:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gakis-room at 2017-02-13 08:57
鍵コメさん,
この地に行ったのは1月の末です。
御金神社,菅大臣神社,京都ゑびす神社と見て回りました。

梅雨の時と雪の京都がいい,と昔から思っていましたが,
いかんせん,現在は寒さにも弱くなりました。
この日の予想気温は13度でしたから,思い立って出かけました。


<< 京都の三珍鳥居・番外その10,...      今季一番の寒さ >>