2017年 02月 05日
男子・SC軽井沢が5連覇,女子は中部電力が3年ぶり5回目の優勝,カーリング日本選手権
※18時45分からの女子決勝の結果を追加してアップしました。

d0006690_17452161.jpg第34回カーリング日本選手権の最終日です。男子決勝はSC軽井沢が10−5と札幌を突き放して,優勝,史上初の5連覇を達成するとともに,来年の平昌オリンピック代表の座も得ました。

平昌オリンピックの出場枠は10チームですが,このうち7チーム枠は昨年と今年の世界選手権での合計ポイント数の上位7チームです。

SC軽井沢は昨年の世界選手権で4位でしたから,すでに8ポイントを獲得しています。そして,昨年11月のパシフィック・アジア選手権で1位でしたから,今年の世界選手権へも出場します。世界選手権へ出場すれば最低でも1ポイント得られますから,SC軽井沢の現在のポイント数は9です。

日本のオリンピック出場が決まれば1998年の長野五輪以来5大会振りの出場となります。また,長野五輪では開催国枠でしたから,平昌五輪は実力での初出場となります。SC軽井沢は自らこじ開けたオリンピックへの道を確実に歩いています。

なお,午前に行われた3位決定戦はチーム北見が10−5でチーム荻原を破っています。

【男子決勝】   チーム名の後の★印は第1エンドの後攻
       1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
SC軽井沢★ 2 0 0 2 1 0 3 0 2 ×  10
札幌     0 1 2 0 0 1 0 1 0 ×  5

第3エンドに2点スチールした札幌が試合を優位に進めるかに見えましたが,SC軽井沢はすぐ逆点しました。第7エンドには相手のちょっとしたミスもあって3得点し,そのまま札幌を突き放しました。

【男子3位決定戦】
       1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
チーム荻原★ 0 0 2 0 1 1 0 0 1 ×  5
チーム北見  0 2 0 3 0 0 4 1 0 ×  10

【女子決勝】
行き詰まる熱戦でしたが,第6エンドで2点をスチールした中部電力が,3年ぶり5回目の優勝を果たしました。平昌オリンピックへの出場権は3月の世界選手権の結果次第ですが,日本が出場権を獲得できた場合は,9月にLS北見と中部電力との代表決定戦が行われます。なお,3位決定戦は富士急が7ー5で制しました。女子はLS北見,中部電力,富士急,北海道銀行の4強時代になったようです。

      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
LS北見★ 0 2 0 1 0 0 1 0 1 0  5
中部電力  0 0 2 0 1 2 0 1 0 1  7

【女子3位決定戦】
       1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
北海道銀行★ 1 0 1 0 1 0 0 0 2 0  5
富士急    0 2 0 1 0 1 0 2 0 1  7
[PR]

by gakis-room | 2017-02-05 18:00 | カーリング | Comments(2)
Commented by korima at 2017-02-06 11:44 x
目が離せない試合でした!特に女子はドキドキ(^^)/

今回のように中継が増えてくれるとありがたいです。
(強いチームが複数あるとレベルがあがるんですね)
Commented by gakis-room at 2017-02-06 18:14
korimaさん,
充分に楽しめた1週間でした。
SC軽井沢を脅かした札幌も力のあるチームでした。

次の放送は4月の男子の世界選手権です。
昨年は放送がありませんでしたが,
さて,今年は何試合の放送があるのでしょうか。
楽しみにしています。


<< カーリング解説者の敦賀信人さん...      決勝は 女子・LS北見 vs ... >>