2016年 12月 25日
スミレの返り咲きです
d0006690_15292652.jpgスミレ スミレ科 スミレ属

昨日のハルノノゲシの近くに咲いていました。やはりアスファルトの裂け目です。昨年の11月にも同じところでスミレの返り咲きを見ています。

以下は昨年の記事の再録です。
スミレ類は冬を除いて一年中花を持っているそうです。春に咲く花は開放花(花弁を開いた普通の花)で,その後に閉鎖花と呼ばれる花をつけます。閉鎖花は花弁を開くことなく,蕾のまま自家受精して実をつけますが,この閉鎖花が秋を春と錯覚して開花することがあります。返り咲きです。

閉鎖花がこの12月を春と錯覚して開花したのであれば,今年の12月はそれなりの暖かさと言うことになります。それで12月のきょうまでの最高気温を調べてみました。確かに今年の12月は暖かいようです。この11年間で3番目の暖かさです。

【25日までの最高気温】
 平年   11.7度
 今年   13.0
 2015  13.8  12月の最高気温は観測史上2位
 2014   9.1
 2013  10.8
 2012   9.6
 2011  11.4
 2010  12.9
 2009  11.7
 2008  13.3  12月の最高気温は観測史上3位
 2007  11.8
 2006  11.5

スミレの地下茎は太くて短いといいます。スミレは多年草ですが,生命力の強さに驚かされます。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-12-25 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)


<<  不思議な六十五候,「麋角解(...      返り咲きのハルノノゲシ(春の野芥子) >>