2016年 12月 23日
ケイトウ(鶏頭)の原種,ノゲイトウ(野鶏頭)です
d0006690_17561012.jpgノゲイトウ ヒユ科 ケイトウ属(セロシア属)

ノゲイトウ(野鶏頭)かと思います。背丈は1メートルほどです。

ケイトウ属の植物は熱帯から亜熱帯にかけて30〜60種ほどあり,その内園芸植物として鑑賞されてきたのはケイトウとノゲイトウの2種だけとのことです。

インド原産で,奈良時代後期には朝鮮半島経由で渡来したようです。野生化しているものもあるようですが,これは整然と植えられていました。

ケイトウはノゲイトウが品種改良されたもので,品種改良の原種として「野のケイトウ」と名付けられたようです。

ケイトウは私には昔からのなじみの花ですが,ノゲイトウは初めてです。

d0006690_175634100.jpg細長い花序の長さは5〜10センチほどです。

花期は7月〜11月といいますから,ほとんど終わっていますが,小花を探し増したが見つかりませんでした。




※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-12-23 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/23730954
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 返り咲きのハルノノゲシ(春の野芥子)      きょうの最高気温は19.6度,... >>