2016年 12月 16日
今季初めての「絶対的に寒い日」
d0006690_172323.jpgきょうの最高気温は平年より3.4度低い7.7度でした。今季初めての「絶対的に寒い日」※でした。

2001年以降の「絶対的に寒い日」の初日は12月14日ですから,まあ,平年並みと言うところです。昨年の12月は観測史上2位という暖かさでしたから,年内に「絶対的に寒い日」はなく,年を明けた1月19日が初日でした。

平年以下の日はきょうで7日連続となりましたが,寒さもきょうで一段落,明日からは平年並みあるいはそれ以上の日がしばらく続くとの予報です。まあ,やれやれです。

※「絶対的に寒い日」
奈良の平年の最高気温の下限は,1月26日〜29日の8.2度です。最高気温がそれ以下となった日を「絶対的に寒い日」と呼んでいます。もとより「絶対的に寒い日」は気象用語ではなく,私が勝手に名付けました。

なお,「平年」とは,過去30年の平均のことで,現在は1981年〜2010年の平均が使われています。これは10年毎に更新されます。2010年以前の「平年」は1971年〜2000年の平均ですが,最高気温の下限は,1月30日〜31日の8.0度でした。「絶対的に寒い日」はそれ以下と言うことになります。
[PR]

by gakis-room | 2016-12-16 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/23723076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 北海道銀行とSC軽井沢がプレー...      エリカ・コロランスの「ホワイト... >>