2016年 12月 08日
12月8日を非戦・不戦の日に
d0006690_196088.jpgあれから75年が過ぎました。1941年12月8日は日本海軍による真珠湾奇襲,日米戦争の始まりです。

かつてこの国は戦争によって国の発展を考えてきました。しかし,戦争によってこの国と世界の人々の命と暮らしをおしつぶしました。その犠牲の上に平和のうちに暮らすこと,それは何にも代えがたく,限りなく大切あることを知り,戦争を捨てました。そのことを憲法を通して世界に宣言しました。

今,捨てたはずの戦争を拾い,高々と掲げ始めようとしています。その部隊(先遣隊)130名が先月20日に南スーダンへ派遣されました。最終的には約350人の部隊となるようです。

軍事ジャーナリストの清谷 信一氏は,自衛隊のこれまでの訓練,装備から「南スーダンで多くの隊員が死ぬかもしれない」(「東洋経済,11月22日」)の中で,「自衛隊部隊は他国の軍隊ならば出さないような被害を出す可能性が高い」と指摘しています。

ですからでしょうか,政府は今月6日の閣議で,南スーダン国連平和維持活動(PKO)※に参加する陸上自衛隊員が新任務「駆けつけ警護」を遂行した場合,日額8千円の手当を支給する政令改正を決めました。「危険手当」でしょうか。また,防衛省は任務中の死亡・負傷などに払う弔慰・見舞金に当たる「賞恤(しょうじゅつ)金」に関する訓令を改正して,現行6千万円の上限を駆けつけ警護の場合は9千万円に上げました。

捨てた戦争を拾い,復活させるのですから,派遣部隊の戦闘による死を現実的に考えている証左かと思われます。

明日,在ホノルル日本総領事館は初めて米国海軍と共催で,真珠湾で追悼式典を行います。追悼式典はいいのですが,今月末アリゾナ記念館を訪れる安倍首相の露払いの感もします。

文化の日を「明治の日」にしようなんて動きもありますが,12月8日を「非戦・不戦の日」として新たな祝日にならないものでしょうか。

※国連平和維持活動(PKO)
PKO(Peace Keeping Operations)は「平和維持活動」と訳されますが,私はこれは意図的な「誤訳」ではないかと思っています。「Operations」は複数です。複数の場合は新英和中辞典(研究社)によれば
  [通例 複数形で]【軍】軍事行動,作戦
です。したがってPKOを「平和維持軍事行動(作戦)」と訳すれば違ったイメージとなります。
[PR]

by gakis-room | 2016-12-08 19:00 | つれづれに | Comments(0)


<< ソテツ(蘇鉄)の花      きようは「大雪(たいせつ)」,... >>