2016年 11月 22日
「近くの公園」の樹木の伐採とイルミネーション
「近くの公園」の北側の樹木がほとんど伐採されたのは9月10日でした。その折に作業中の人に聞いたら「イルミネーションを作るとか」でした。その「イルミネーション」がわかりました。

写真は一昨日の夕方です。イルミネーションの飾り付けが終わっての試験点灯でした。このイルミネーションは県下最大級の25万球の「光の祭典」として昨年まで駅前広場(駅の東側)で行われていました。それが今年は駅前広場が再開発の工事中のために,会場は駅の西側の「近くの公園」に移されました。池の周囲にイルミネーションを施していますが,その他の装飾物は昨年までとほとんど同じです。

「光の祭典」は12月4日から1月13日までの41日間です。メインとなるのは写真の上の軽トラなどが駐車しているあたり(これで左半分の広さです)です。この公園の道路を挟んだ手前に私が住むマンションはありますが,いくつかのイベントでちょっとうるさいかなとは思いますが,それはともかくも,1月14日以降のことが気になります。

写真の左上の黄色で囲った部分にあった樹木が9月に除去されました。駅から出て,このイルミネーションが見通せるようにでしょうか,軽トラが駐車している場所の上にあった樹木も7本ほど除去されています。今年以降は毎年ここで「光の祭典」を行うにせよ,行事が終わった1月14日から次回開催の12月初めまでは,黄色で囲った部分はむき出しのままなのでしょうか。

季節の花が見られる花壇にすると言うような計画があっても良さそうに思いますが。そうでもなければ,41日間のイベントのために除去された樹木が哀れすぎます。
d0006690_1651034.jpg

[PR]

by gakis-room | 2016-11-22 18:00 | つれづれに | Comments(0)


<< 冬です,「体感温度」の出番です      四季咲き? ムシトリナデシコ >>