2016年 11月 17日
ヒイラギについて知ったこと,刺のない葉と雄花
d0006690_15561248.jpgヒイラギ モクセイ科 モクセイ属

ヒイラギは樹高が4〜6メートルになるようです。このヒイラギは塀の上の部分からみて,4メートル以上はありそうです。

樹高からは老木とはいえないまでもそれなりの年数を経ているようです。

d0006690_1695618.jpg言うまでもなく,ヒイラギの葉には鋸歯の先端が変形した棘があります。しかし,老木(枝)になると葉の棘は次第に少なくなり,なくなって全縁となってしまうものもあります。

右の枝の葉には刺はまったくありません。

d0006690_15565261.jpg花径5ミリほどの白い花です。ヒイラギは雌雄異株であり,これは雄花です。

雄花は2本の雄しべが突出し,大きめの葯をつけ,めしべは頭が出る程度で目立ちません。。
雌花(両性花)は,めしべが発達して突出するとのことです。いつか見ることができたらと思います。

良い香りがあるとのことですが,これも次回まで持ち越しです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-11-17 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/23622904
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 白色のルリマツリです      日が短くなりました >>