2016年 11月 09日
カーリング,男女とも順調に勝ち進む,パシフィック・アジア選手権
d0006690_17472353.jpgパシフィック・アジアカーリング選手権は9日午後7時からの第13セッションを残して,男子は韓国が6勝1敗で1位,日本と中国が5勝1敗でこれに続いています。日,中,韓の相互の試合はすでに終わっていますから,最終的には世界ランキング上位のこの3チームが,1敗で並ぶかと思われます。

決勝トーナメントは,まずセミファイナルとして1位vs4位,2位vs3位で行われ,それぞれの勝者によって決勝となります。したがって,上位3チームと4位チームとの力量の差から言って,予選1位通過チームが決勝へ進む可能性,つまり2位以内=世界選手権への出場権の獲得,はきわめて大きいとといえます。

7勝1敗で3チームが並んだ場合はどのように順位決定は以下のようになされます。

【予選ラウンドの順位の決め方】
 ・予選ラウンドの順位の決め方の優先順位は以下のとおりです。
     ①勝率,②直接対決の結果,③DSC

 ・DSC(ドローショットチャレンジ)とは
   試合前の練習後に,代表者の1人がスイープ付きでドローをして,ハウスの中心からの距離を測ります。これを
   LSD(ラストストーンドロー)といいます。このLSDで先攻,後攻を決めます。
   予選ラウンド全体でのLSDの平均距離(最も悪いものを除く)をDSCといいます。予選ラウンドでの勝率
   が同じで,三すくみの状態になった時には,直接対決では順位は決められませんから,DSCの短い順に順位を
   決めます。ただし,プレーオフ進出がかかる場合は,DSCではなく,必ずタイブレークの試合でプレーオフ進
   出を決めます


日,中,韓の3チームが1位〜3位となった場合,いずれもプレーオフへは進出します。しかし,1位と2位,3位とでは,有利さが違います。その有利さを考慮して,DSCによる順位を「暫定順位」として,暫定1位と暫定2位とでタイブレークとなるのでしょうか。ちょっと気になります。

【男子日本,韓国に逆転勝利で1敗を維持】 
4日目(8日)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
日本※ 0 1 1 0 0 0 1 0 2 1  6
韓国  1 0 0 2 1 0 0 1 0 0  4

すでに中国に敗れている日本は,もしこの試合を落とせば予選1位通過はなくなります。試合は韓国優勢で進みましたが,第9エンドで同点とし,続く第10エンドもスチールして逆転しました。これで,日,中,韓は三すくみとなりました。


その他の試合
【男子】
9日  日本 13−3 カザフスタン

【女子】
8日  日本 15−3 香港
9日  日本 8−5 オーストラリア

女子は日本と韓国が5勝0敗で1位,中国が4勝1敗でこれに続いています。
d0006690_17153580.jpg

※8日,9日の他のスコアは↓のMoreでご覧ください



【男子】
5日目(9日)
       1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
カザフスタン 0 1 0 0 0 1 0 1 0 ×  3
日本※    2 0 3 2 1 0 3 0 2 ×  13

【女子】
4日目(8日)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
香港  0 1 0 1 0 1 0 0 × ×  3
日本※ 2 0 5 0 4 0 3 1 × ×  15

5日目(9日)
        1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
オーストラリア 0 1 0 1 0 0 1 0 2 ×  5
日本※     1 0 3 0 0 1 0 3 0 ×  8
[PR]

by gakis-room | 2016-11-09 18:00 | カーリング | Comments(0)


<< 女子は3位で予選通過,パシフィ...      取り扱い注意?,ハナキリン >>