2016年 11月 08日
取り扱い注意?,ハナキリン
d0006690_17123531.jpgハナキリン トウダイグサ科 ユーフォルビア属

ハナキリン(花麒麟)と教えていただきました。

マダガスカル原産です。背丈は2メートルまでになるようですが,これは30センチほどでした。茎に鋭い刺がある多肉植物で,うっかり触ると大変です。まあ,取り扱い注意といったところです。

サボテン科「モクキリン(杢キリン)」に似ているので「花キリン」になったとのことですが,茎に刺があることと葉がよく似ていますが,花は似ていません。また,キリンは動物園のキリン(ジラフ)ではなく,架空の動物の麒麟(キリンビールのマーク)のようですが,なぜキリンなのかは私には不明です。

また,十字に架けられた時のイエスの冠に使われたという言い伝えもあります。

d0006690_1713021.jpg花径は1センチほどです。

白い花弁に見えるものは花弁ではなく,苞です。

花色は白の他にピンク,赤,黄,橙色などがあります。

※写真はクリックすると拡大します。


        キリンビールのマーク
d0006690_8134073.jpg
[PR]

by gakis-room | 2016-11-08 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/23602084
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< カーリング,男女とも順調に勝ち...      男子は中国に敗れて3勝1敗,カ... >>