2016年 11月 07日
男子は中国に敗れて3勝1敗,カーリング,パシフィック・アジア選手権
世界ランキングから言って、男女とも日,中,韓の争いになるかと思われます。できれば中,韓に連勝することがベストでしたが,男子は7日の中国戦に敗れ3勝1敗となりました。韓国戦は8日の19時からです。世界カーリング連盟のホームページでインターネットライブ中継されます。

【男子】
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
中国※ 1 0 0 2 0 0 3 0 1 ×  7
日本  0 0 1 0 2 0 0 1 0 ×  4

なお,女子ここまで2連勝。中国戦は9日の19時,韓国戦は10日の12時です。どちらもインターネットライブ中継されます。

【男子】
日本 19ー1 カタール
日本 10−7 香港
日本 6−1 オーストラリア
日本 4−7 中国

【女子】
日本 20−1 カタール
日本 8−7 ニュージーランド
日本 14−1 カザフスタン
d0006690_835327.jpg【中国女子,タイムオーバーで敗北】
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 計
中国  0 0 2 0 0 2 0 2 1 0  /  L
韓国  0 2 0 1 0 0 1 0 0 3    W

2日目(6日)の女子の中国・韓国戦で珍事(?)がありました。中国は優勢で進めましたが,痛恨の2つのミスで韓国に敗れ増した。

第8エンドまでに2点リードした中国は第9エンドで1点をスチールし,点差3点で中国の勝利かと思われました。第10エンド,中国のラストストーンの段階でハウス内には韓国の石が2つ。この内1つをハウスの外へ出せば中国の勝ちでしたが,スキップは痛恨のミスで韓国の石をはじき出すことができませんでした。ノーガードの状態で韓国のスキップはラストストーンを難なく決めて3点差を返し7−7で延長に入りました。

第11エンド,画面は後攻めの中国のスキップの第2投,最終ストーンを残す場面です。ハウス内の黄色の石は韓国です。中国は最後の1投でナンバーワンを作れなければ負けという難しい局面です。中国は入念な打ち合わせの後の作戦は,黄色の韓国のナンバーワンに軽く当ててはじき出し,自らはステイするというように思われました。

そこて,中国のスキップが投げるために石の底を拭いた時でした。ここで考えられないようなミスを犯しました。なんと中国は73分の持ち時間を使い果たしてタイムオーバーになってしまいました。タイムオーバーになった瞬間に「中国の試合放棄」と見なされて没収試合となりました。スコアシートの中国の第11エンドには「/」がつけられ,合計欄には中国に「L」(lose),韓国に「W」(win)が記入されました。ちなみに韓国の残り時間は40秒でした。それだけの接戦でした。

これまでたくさんの試合を見てきましたが,タイムオーバーでの敗北を見るのは初めてのことでした。

※日本の試合毎のスコアは↓のMoreでご覧ください



【3日目(11月7日)】  ※は後攻め
【男子】
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
中国※ 1 0 0 2 0 0 3 0 1 ×  7
日本  0 0 1 0 2 0 0 1 0 ×  4

【女子】
         1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
ニュージーランド 0 0 2 1 0 0 0 2 0 2  7
日本 ※     1 1 0 0 2 1 2 0 1 0  8

        1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
日本※     2 0 3 2 4 3 × × × × 14
カザフスタン  0 1 0 0 0 0 × × × × 1

【2日目(11月6日)】  ※は後攻め
【男子】
        1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
日本※     2 0 0 0 0 2 1 0 1 ×  6
オーストラリア 0 0 0 0 0 0 0 1 0 ×  1

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
香港※ 2 0 1 0 2 0 0 2 0 ×  7
日本  0 2 0 4 0 2 0 0 2 ×  10

【女子】
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
カタール 0 0 0 0 1 0 0 × × ×  1
日本 ※ 3 2 5 1 0 5 4 × × ×  20

【1日目(11月5日)】   ※は後攻め
【男子】
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
カタール 0 0 0 0 0 0 0 1 × ×  1
日本 ※ 2 4 4 2 1 5 1 0 × ×  19
[PR]

by gakis-room | 2016-11-07 18:00 | カーリング | Comments(0)


<< 取り扱い注意?,ハナキリン      キキョウがまだ咲いていました >>