2016年 10月 31日
奈良県限定の「一番搾り」,「奈良づくり」
d0006690_1626144.jpgいつも行くスーパーに,キリンビールの一番搾りの奈良県限定「奈良づくり」がありました。1本の価格はオリジナルの「一番搾り」より13円も高い213円(税込み)でしたが,面白いので買ってみました。

「47都道府県の一番搾り」は,5月10日発売の北海道,仙台,取手,横浜,名古屋,滋賀,神戸,岡山,福岡から始まり,10月12日発売の奈良など9県で完了です。

都道府県限定ですから,他の都道府県のものは購入できませんが,「熊本づくり」だけは例外です。キリンのホームページよると以下のような理由からです。

「今年7月に熊本県限定で発売して以降、日本中のお客様から復興支援のため「熊本づくりを買いたい」との声をいただきました。そんな想いにおこたえして、10月12日より全国発売いたします」

福岡工場で生産される「熊本づくり」の購入が,なぜ熊本の復興支援になるのか,私には理解できませんが,「奈良づくり」との味比べのためにこれも買い求めました。

以下は「奈良づくり」のコピーです。

伝統を受け継ぎ,自然ととけあって暮らす。
そんな奈良の人のしあわせな時間に,似合うビールができました。
奥深く重厚な味わいと,若草のようなみずみずしい香り。
パッケージのイメージカラーは若草色。
安らぎの時間に,心を贅沢にする一番搾り。
まほろばの地で味わう,奈良だけのいっぱいです。


さてさて,私は「安らぎの時間に,心を贅沢に」できたか,否,です。奈良と熊本の違いもわからず,ビールだなあで終わってしまいました。奈良と熊本の比較だけではなく,オリジナルの「一番絞り」との比較が良かったのかも知れません。とまれ,違いがわかる舌を持ち合わせてはいない私ですから,味比べしようとしたこと自体が無謀な試みでした。

なお,こちらで「都道府県の一番搾り」を見ることができます。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-10-31 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/23587246
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 下旬からは秋は急ぎ足で,10月の気温      もう晩秋なんだ,昨日木枯らし1... >>