2016年 10月 05日
虹,なぜ虫偏なのか
虹を見ました。午後5時前の東北の空です。このところ虹を毎月見ています。8月25日の西の空9月6日の東北の空です。毎月虹を見たと言っても何もいいことはないようです。逆に大腸のポリープ切除の入院がありました。

ところで,日本神話ではイザナギとイザナミが虹を渡って下界に来たとされますが,虹はなぜ「虫偏」なのか,ずつと疑問のままでした。最近になってやっとその理由を知りました。

古代中国では生物を獣類,鳥類,魚類,亀類そしてその他を「虫(き)類」(人間を含む?)に分類したようです。いわゆる昆虫は「虫」ではなく,本字は「蟲」です。蛸,蛤もその他で虫偏です。

それで,虹はなぜ虫偏かと言うと,
  【虫】は【蛇(へび)】を意味します。
  【工】は、【貫く】という意味があります。
それで,虹を【天地を貫く大蛇】に見立ててこの字が成り立ったようです。
d0006690_1716249.jpg

[PR]

by gakis-room | 2016-10-05 18:00 | つれづれに | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2016-10-05 20:34
なるほどなあ。
といわれても蛇はやっぱり苦手です。
Commented by gakis-room at 2016-10-05 21:54
saheiziさん,
中国の伝説では蛇の王と蛇の女神が漢族の始祖とされているようです。


<< 昨日の最高気温27.9度は20...      花弁のことがよくわかりません,... >>