2016年 10月 04日
花弁のことがよくわかりません,ハナシュクシャ
d0006690_1762666.jpgハナシュクシャ(花縮紗) ショウガ科 シュクシャ属

背丈は2メートルほどです。全体の横幅は5〜6メートルほどあり,うっそうとしており,たくさんの白い花が遠くからも目立ちました。

漢方薬として利用されるシュクシャ(ショウガ科)に花が似るのでハナシュクシャのようですが,シュクシャについては知りません。インド〜マレー半島原産,日本には江戸時代に渡来しました。

d0006690_176526.jpg花径は5センチくらいです。

花弁は6とのことです。こんな説明がありました。

 花被片は6枚あるが、外花被3枚は合着して花のつけ
 根にある。
 内花被3枚はつけ根は合着し、先が3つに分かれる。
 もう1枚、唇形の花びらがあるが、これは雄しべが花
 びらの形になっている。

しかし,私にはよくわからないままです。下の細長い物を含めて5つに見えます。また,この花の名前をネットで「4弁,白い花」で探しました。

不思議な花ですが,形も純白も美しい花です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-10-04 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/23530939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by comet-opeth2 at 2016-10-07 15:52
初めまして。
この花、香りが良いと聞きましたがいかがだったでしょうか?
庭があったら育てたい植物です。
Commented by gakis-room at 2016-10-07 16:19
comet-opeth2さん,
ようこそ。
花全体に芳香があるとのことですが,
気づきませんでした。
写真はちょっとした畠の片隅でしたが
放置状態のようでした。


<< 虹,なぜ虫偏なのか      日差しが少なく雨の多い,しかし... >>