2016年 09月 22日
再来年の秋分の日は決まっていません
きょうは秋分の日。22日の秋分の日にはちょっとした違和感があります。春分の日は3月20日と21日がほぼ2年おきに交互にやってきますが,秋分の日は私の中では9月23日に固定されていました。ですから,22日が秋分の日と言われても「?」といった感じです。実際に1980年〜2011年の32年間の秋分の日は9月23日でした。

4年前の2012年の秋分の日も9月22日でした。これは116年振りとのことでしたから「秋分の日=9月23日」と思い込むのは自然のことかと思います。なお,秋分の日が9月24日であった日はしはしばありました。戦後では,1946年,1947年と2年連続した後,1951年以降は4年ごとに9月24日でした。しかし,これも1979年までです。ですから,私の記憶からは完全に消えています。

ところで,「国民の祝日に関する法律」では,
  秋分の日:秋分日(太陽が秋分点を通る日)
としているだけで,具体的な月日の明示はありません。(春分の日は「太陽が春分点を通る日」)

秋分の日は以下のように決定されます。政府は国立天文台が作成する「暦象年表」の「秋分日」(秋分の日ではない)に基づいて,来年の秋分の日を閣議決定し,これを2月の第1平日付の官報に公示します。したがって再来年以降の秋分の日は,現段階では「未定」となります。

しかし,「秋分日」は「太陽が秋分点を通過する日」ですから,天文事象に異変でもない限りずっと先まで計算が可能です。2012年〜2044年までは閏年に限り,秋分の日は22日です。今年が2016年ですから,4で割り切れる年の秋分の日は9月22日,あるいはオリンピックのある年の秋分の日は9月22日でもいいかもしれません。

d0006690_1721523.png※【秋分日】
 左の図は「知って得する! お役たちCLIP」
 からお借りしました。

地球を中心とした仮の球体を天球と言います。地球から見た天球上の太陽の運行が黄道です。

黄道は天球の赤道に対して23度26分傾いています。ですから,夏至点の時,太陽は天球上の黄道の1番北に位置し,夏至以降は冬至点に向かって少しずつ南下します。

そして,太陽の位置が天球の赤道を北から南に交差する地点(黄道と天球の赤道が北から南へ交差する地点)が「秋分点」で,逆に南から北へ交差する地点が「春分点」となります。
[PR]

by gakis-room | 2016-09-22 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/23504942
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 赤と白の組み合わせが素敵です,...      和名は唐草春菊ですが・・・,ダ... >>