2016年 08月 15日
天皇と首相,全国戦没者追悼式での言葉
以下はきょうの全国戦没者追悼式での安部首相の言葉の一部です。

  苛烈を極めた先の大戦において、祖国を思い、家族を案じつつ、戦場に斃(たお)れられた御霊(みたま)、戦禍
  に遭われ、あるいは戦後、はるかな異郷に亡くなられた御霊、皆様の尊い犠牲の上に私たちが享受する平和と繁
  栄があること
を、片時たりとも忘れません。衷心より、哀悼の誠をささげるとともに、改めて、敬意と感謝の念を
  申し上げます。


安倍首相固有の哲学があるわけでもなく,彼以外の多くの人からも,これまで何度も聞かされてきたありふれた言い回しです。しかし,その論理は「嘘」です。

戦場で斃れ(ることを強いられ)た兵士たちが家族に対してと同じように祖国を思ったかどうかはともかくも,「(戦没した)皆様の尊い犠牲」と「(戦後の)平和と繁栄」とには因果関係はありません。あるのは断絶だけです。理不尽な侵略に抗った無数の犠牲によって「祖国の平和」が守られたのであれば,「尊い犠牲の上に」「(戦後の)平和と繁栄」があると言えましょうが,事実はそうではありません。

  日本は,次第に,国際社会が壮絶な犠牲の上に築こうとした「新しい国際秩序」への「挑戦者」となっていった。
  進むべき針路を誤り、戦争への道を進んで行きました


これは昨年の安倍首相の「70年談話」です。「村山談話」に「上書き」すべく、あえて出した談話なのにもう忘れています。先の戦争は誤った進路と安倍首相は言っています。「進むべき進路を誤った戦争」の結果,内外の幾百万の死の犠牲がありました。そして,戦後には割の合わない苦難と困窮と飢えが待ち構えていました。それにもかかわらず,この国の国民は必死になって「平和と繁栄」を築いてきました。

  終戦以来既に71年、国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、苦難に
  満ちた往時をしのぶとき、感慨は今なお尽きることがありません。


これは天皇の言葉です。「歴史と謙虚に向き合う」(安倍首相)姿勢の違いでしようか。天皇このあとに次のように続けます。しかし,安倍首相の言葉には「過去を顧み、深い反省とともに」はありませんでした。

  ここに過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、
  戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。

'
[PR]

by gakis-room | 2016-08-15 19:30 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/23401676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2016-08-15 21:58
兵士たちの犠牲の上に敗戦をまぬかれて国体を維持できた、ということでしょうか。
私は天皇制を素直に受け入れることはできないのですが、どうみても今は天皇がいた方がいいと思います。
Commented by gakis-room at 2016-08-16 07:58
saheiziさん,
>今は天皇がいた方がいい
制度はともかくも,
個人としての存在のあり方が素敵ですね。
Commented by saheizi-inokori at 2016-08-16 10:34
リンクさせてください。
Commented by gakis-room at 2016-08-16 10:47
saheiziさん,
どうぞ,どうぞ。


<< 再び「異常天候早期警戒情報」について      きょうも猛暑日,8月の猛暑日は... >>