2016年 08月 02日
きょうは旧暦6月30日,夏の終わり?
d0006690_1853067.jpgきょうから11日までの平年の最高気温は32.9度です。これまで何度も書いていますが,この期間と気温が奈良の暑さの極みです。これを超えればほんの少しずつ気温は下がります。そして,「晩夏」とか「残暑」とかの言葉がちらつき始めます。

「平年」とは過去30年の平均のことで,1981年〜2010年までの平均です。これは10年を経過する毎に更新されます。2010年までは1971年〜2000年の平均を平年としていました。

 平年の基準    最高気温  期間
1971年〜2000年  32.7度  8月2日〜8月4日
1981年〜2010年  32.9度  8月2日〜8月11日

この10年で最高気温は0.2度,期間は7日長くなりました。いわゆる温暖化です。

ところで,きょう8月2日は旧暦6月30日です。旧暦の月の季節の「夏」は4,5,6月ですから,旧暦ではきょうは「夏の終わりの日」です。明日からは7月,秋です。明日から秋とはかなり無理な感じがしますが,8月6日(旧暦7月4日)までが「大暑」で、暑さの極みです。そして7日(旧暦7月5日)からは「立秋」です。「立秋」を秋の初めとするのではなく,暑さの極みから下り始める時と考えれば,きょうを夏の終わりとしてもいいのかも知れません。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-08-02 19:00 | つれづれに | Comments(0)


<< デンドロビウム(デンファレ系)です      暑いとはいえ,凌ぎやすい中・下... >>