2016年 07月 17日
きょうは初伏(しょふく),いよいよ暑さの極みですが・・・
d0006690_1514297.jpgきょうは旧暦6月14日,十干十二支でいえば,庚子(かのえ・ね)です。「庚」は10日ことにやってきますが,きょうの「庚」は夏至から数えて3回目の「庚」です。三伏のうち初伏です。中伏は4回目の「庚」の日(今年は7月27日),末伏は立秋以降の最初の「庚」の日(今年は8月16日)です。

「庚」(かのえ,金・兄)は金性であり,火に伏せられることから,火性の盛んな夏の時期の「庚」は凶であると陰陽五行説では言います。それでこの三伏の日には種まき(新しいこと),旅行,縁談などを避けよとされます。

この凶を祓うためと言うよりも,暑さに悲鳴を上げ始めた体のために,韓国では滋養強壮食品として参鶏湯(サムゲタン)を食べる習わしがあります。日本で言う「土曜の丑の日」(今年は7月30日)のウナギにあたります。

d0006690_14371475.jpgところで奈良の暑さですが,7月上旬は近年にない暑さの日々でしたが,中・下旬は暑さも平年並みあるいは平年以下に落ち着きそうです。とはいえ,蒸し暑い「真夏日」が続くことには変わりはありません。

今年の近畿地方の梅雨入りは平年より3日早い6月7日でした。平年の梅雨明けは7月21日ですから,それよりも3日早い18日にでも梅雨が明けても良さそうです。

7月4日に「近くの公園」からのクマゼミの鳴き声を聞いてからすでに2週間が過ぎようとしています。
19日の予想天気図では梅雨明けとはならないのでしょうか。
d0006690_1784695.jpg

[PR]

by gakis-room | 2016-07-17 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/23302010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 梅雨明けそして「200日+166日」      好意的な朝鮮日報の天皇論 >>