2016年 07月 12日
ヤナギの老木,倒れる
d0006690_1519843.jpg「近くの公園」の池の周囲に柳が5本ありました。かなりの古木で,老木と言ってもいいのかも知れません。

この5本の内,1本は2009年の年末の強風で本体の途中から折れました。その後,大胆に剪定されて現在も健在です。このヤナギの隣のヤナギが2010年12月の初めに強風で本体の途中から引き裂かれました。こちらはその後根元から伐採されました。この2本はいずれも「私のベンチ」のすぐ近くです。

数日前,池の反対側のヤナギが根元から折れているのに気づきました。このヤナギは数年前からすでに枯れており,葉を付けることはありませんでした。

d0006690_15193760.jpgそして,枯れていただけでなく,内部の空洞化もかなり進んでいましたから,いつ倒れてもおかしくはありませんでした。まあ,大往生なのかもしれません。

イチョウの若木の生育が中途で阻まれていくのも痛々しいですが,老木とは言え,大きな木が朽ちて倒れていくも別の痛さを感じます。我が身になぞらえるからなのでしょうか。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-07-12 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/23290133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 健在のヤナギも実は危うい      いよいよ灼熱の夏の到来です >>