2016年 07月 03日
ようやく台風1号,観測史上2番目の遅さ
d0006690_119719.jpgきょうの未明にカロリン諸島付近で観測された熱帯低気圧は午前9時に台風1号となりました。台風名は「ニパルタック」(ミクロネシアの提示で,有名な戦士の名前)です。

昨年の12月11日発生の台風27号以来,6か月23日振りの台風です。台風1号の発生の遅さとしては,1998年7月9日の台風1号に次いで観測史上2番目の遅さです。なお,昨年の台風1号の発生は,1月13日でした。

d0006690_16124918.jpg6月になって熱帯低気圧の観測が2度ありました。23日〜25日と26日〜27日です。しかし,いずれも台風とはならず消滅していました。

この台風1号は次第に発達して,6日水曜日にはフィリピンの東の海上へ進み,強い台風(中心付近の風速32.7〜43.7m/s)になるとの予測です。

なお,台風の進路予報円(台風の中心が70%の確率で到達すると予想される予報される範囲)が今年から下記のように昨年より小さくなります。


d0006690_10402299.jpg【小さくなる予報円】

【予報円の縮小】             (縮小率)
   24時間予報円  半径160km→100km  −31.3%
   48時間予報円  半径330km→280km  −15.2%
   72時間予報円  半径600km→410km  −31.7%

小さくなった分だけより正確な予報となりますが,しかし,それでも台風の進路予想は「概ね」の域を超えません。それほど進路予想は難しいようです。

左のイメージは2014年の台風19号の場合ですが,「48時間後」を例にとると,台風の中心の到達位置は
  ① 1番北にそれた場合  若狭湾沖
  ② 真ん中の場合     愛知県付近
  ③ 1番南にそれた場合  伊勢湾の遙か沖
のいずれも到達確率は共に70%です。従って①と③では中心の位置は「280km×2=560km」の差があります。ですから,たとえば予報通りに台風の中心か若狭湾沖に到達したとしても,280km近く離れた愛知県での影響はそれほど大きいとは考えられません。

ですから気象庁はいつも言っています,「今後の台風情報には十分に注意してください」と。
[PR]

by gakis-room | 2016-07-03 18:00 | つれづれに | Comments(0)


<< クマゼミの鳴き声が聞こえました...      暑いぞ,日本列島 >>