2016年 06月 30日
夏越祓(なごしのはらい)と茅の輪くぐり
d0006690_1964371.jpgきょう,6月30日は「夏越祓(なごしのはらい)」のひとつとして多くの神社で「茅(ちがや)の輪くぐり」が行われます。

「茅の輪くぐり」とは,本殿前に茅で作られた茅の輪を
  「水無月の 夏越しの祓する人は 千年の命 
   延(の)ぶというなり」
と唱えながらくぐることによって,半年間の汚れを祓い清めて無病息災を祈願する行事です。

本来は旧暦6月(水無月)末の行事ですが,現在では新暦6月末に行われます。旧暦の月日を新暦に機械的に置き換えることに違和感を持つ私ですが,この行事については「1年の半分を終えて」ということですから,それほどの違和感はありません。

茅の輪のくぐり方は,神社によって多少の違いがあるようですが,大体は以下のようです。
  ①茅の輪の前で一例して,左に回る
  ②茅の輪の前で一礼して,右に回る
  ③茅の輪の前で一礼して,左に回る

写真は先日行った大神神社の拝殿前に建てられた茅の輪です。三ツ鳥居にちなんで茅の輪も3輪(「三輪の茅の輪」)です。30日の「茅の輪くぐり」は拝殿横の祈祷殿前に建てられた一輪の輪で行われますが,「三輪の茅の輪」は6月30日に行われる「茅の輪くぐり」に参列できない人のために,夏至の頃から7月の第1週にかけて設置されたものです。

「三輪の茅の輪」にはそれぞれの上部に左から榊,杉末が飾られています。神が宿るとされる勧請木(かんじょうぼく)または神依木(かみよりぎ)を意味しているのでしょうか。

くぐり方は「三輪の茅の輪」横の案内板によれば以下のようです。
  ①中央をくぐって右の輪から帰る
  ②再び中央をくぐって左の輪から帰る
  ③中央をくぐって拝殿へ

一輪の茅の輪とはくぐり方の左右の順序が違うのはなぜでしょうか。
  
※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-06-30 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/23259162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 暑くもなく,涼しくもない特徴の...      京都の三珍鳥居・番外その6,京... >>