2005年 12月 04日
秋の名残り
d0006690_7323254.jpg先日といってももう1ヶ月以上も前のことです。カマキリを見ました。とても懐かしい気がしました。カマキリも懐かしかったのですが,日常生活の中でセミ以外に虫を見ることが久しくなかったからです。

子どもの頃はそうではありませんでした。秋には赤トンボの群れを庭で見るのは普通でした。道ばたにはバッタやイナゴもたくさん見かけました。夜にはウマオイも捕らえました。

名古屋市内とはいえ,周囲が田んぼであった子どもの頃と違って,マンション暮らしのせいかもしれません。自宅と職場の往復が田園風景と無縁であったからかも知れません。あるいは,虫の生息の環境が著しく変化したからなのでしょうか。
[PR]

by gakis-room | 2005-12-04 07:48 | つれづれに | Comments(0)


<< 「春夏秋冬そして春」      御堂筋のイチョウ並木 >>