2016年 04月 11日
日本 惜しくもメダルに届かず4位,カーリング・男子世界選手権
d0006690_15204080.jpg初めてプレーオフに進出した日本(SC軽井沢)のメダル獲得が期待されましたが,「3位・4位戦」と「3位決定戦」でともにアメリカに敗れて,メダルの獲得はなりませんでした。とはいえ,世界ランク11位の日本の4位は見事でした。

女子の銀メダル獲得とともに2016年の世界選手権は日本のカーリングにとって新しい時代の始まりを予感させます。

なお,決勝はカナダがデンマークを5ー3で破り、4年ぶり25回目(今年は第58回)の優勝でした。

【プレーオフ,3位・4位戦】
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
日本※ 0 1 1 0 0 1 0 0 1 0  4
米国  1 0 0 0 0 0 0 3 0 1  5

3ー1と日本リード迎えた第8エンド,不運な3点目もあって逆転されました。その後同点としましたが,アメリカに逃げ切られました。
  ※第8エンドの3点目
   アメリカのラストストーンで2点は確定しましたが,3点目はバンパーに当たって跳ね返った石がハウスの外の
   石にあたってハウス内に押し込んだように見えました。両チームの競技の結果,選択権を持つアメリカの主張に
   従って3点目となりました。

【3位決定戦】
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
日本  0 0 2 0 2 0 2 0 0 0  6
米国※ 3 1 0 1 0 1 0 1 0 1  8

第1エンドに3点を失い,第2エンドをスチールされ,0−4とリードされた日本でしたが,その後は後攻時には確実に2点を重ね,アメリカの後攻を1点で抑えて,第7エンドにはついに同点としました。最終エンド,逆転を狙った日本のラストショットがミスに終わり,4位に終わりました。

【オリンピックポイント】
残念ながら初メタルの獲得はなりませんでしたが,4位ですから,日本のオリンピックポイントは9ポイントとなりました。2017年の世界選手権でポイントを加算するためには,世界選手権への出場枠であるパシフィック・アジアカーリング選手権(今年の11月,場所は未定)で2位以内にとならなければなりません。

すでに2月の日本選手権で優勝チームがパシフィック・アジア選手権への日本代表となることが決まっていますから,SC軽井沢の2位以内が期待されます。


【新しい世界ランキング】
2016年の世界選手権を踏まえて発表された最新の世界ランキングです。

  女子 9位→6位
  男子 11位→9位

男女とも上昇しました。特に女子の6位は「世界の強豪国」の後ろ姿が見えたと言ってもよいようです。
[PR]

by gakis-room | 2016-04-11 18:00 | カーリング | Comments(2)
Commented by korima at 2016-04-12 16:23 x
ライブなので最後までどきどき。
ランクがあがったところで、冬のスポーツとして
中継が定着してほしいです。(もちろん男女とも!!)
Commented by gakis-room at 2016-04-12 17:23
korimaさん,
最初はどうなるかと思いましたが,見応えのある決勝でした。
これでカーリングはシーズンオフです。
次は11月のパシフィック・アジア選手権です。

せめて日本選手権は男女ともライブの中継がほしいですね。


<< 美しさのたとえとか,ハナカイドウ      小さな花です,オトメギキョウ >>