2016年 04月 07日
2位に日本他4カ国の大混戦,カーリング・男子世界選手権
d0006690_169591.jpg4日目まで4勝3敗の日本(SC軽井沢)は,スウェーデン,デンマークと共に4位でした。決勝トーナメントへの進出は3敗までとみられていましたから,後のなくなった日本(SC軽井沢)でしたが,踏ん張りました。

日本はこの日,世界ランク7位のアメリカと同3位のノルウェーを破って6勝3敗で2位に浮上しました。スウェーデン,ノルウェー,アメリカ,デンマークの4カ国も6勝3敗で,2位が5カ国という大混戦です,

予選ラウンド最終日の残り2試合で,どのチームが抜け出るか,面白くなってきました。直接対決が残っているのはスウェーデン・デンマーク戦だけです。2勝で勝ち抜け,1勝1敗でタイブレークでしょうか。

【5日目(4月6日)】
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
アメリカ 0 0 2 0 1 0 2 0 2 0  7
日本 ※ 0 1 0 2 0 2 0 2 0 1  8

       1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
日本     0 0 1 0 0 0 2 1 0 2  6
ノルウェー※ 1 0 0 0 0 1 0 0 2 0  4

世界基準は「ちょっとしたミス」もしない,ということでしょうか。スウェーデン戦は大会ホームページの「Play by
Play」で一投毎の経過を見ていましたが,どちらもミスも「ちょっとしミス」もなく,後攻の相手を1点に抑えるナイスショットの連続でした。日本の7回の2点はスキップの絶妙なショットによるものでした。第8エンドの日本のスチールはノルウェーの最終ショットのミスによるものでした。

この意味で惜しまれるのが第6戦(4日目)のデンマーク戦です。この敗戦で日本は3敗目となりました。

      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
デンマーク※ 1 0 1 0 1 0 2 1 0 1  7
日本     0 1 0 2 0 2 0 0 0 0  5

日本は第6エンドまで5ー3でリードしていました。第7エンドに同点とされましたが,第8,第10エンドが後攻である日本が有利です。しかし,第8エンド,第10エンドと共に後攻でありながら,ミスによる連続スチールで敗れました。実に惜しまれる敗戦でした。
d0006690_1693991.jpg

[PR]

by gakis-room | 2016-04-07 18:00 | カーリング | Comments(0)


<< 日本 3位で予選突破,カーリン...      ピンク(?)のハナニラ >>