2016年 03月 10日
3月なのにクリスマスローズ
d0006690_15214274.jpgクリスマスローズ キンポウゲ科 ヘレボラス属

かつてクリスマスローズを写真で見たことありました。そのとき,春の花なのになぜ「クリスマス」ローズなのか不思議に思いました。やっとその謎がわかりました。

「クリスマスローズ」とは,イギリスではヘレボラス属の中の一種である「ニゲル」だけにつけられた名前ですが,日本ではオリエンタリス系を含めてヘレボラス属全体の呼称を「クリスマスローズ」としています。
   ニゲル  花期は12月末〜3月
   オリエンタリス系  花期は2月〜4月
オリエンタリス系を含むので,それで3月でも「クリスマスローズ」です。

また,「ローズ」と言ってもバラ科ではなくキンポウゲ科です。

d0006690_15221580.jpg花はほとんどがうつむいています。花弁に見えるものは花弁ではなく萼です。このために観賞期間は長いようです。

クリスマスローズ(ニゲル)が日本に入ってきたのは明治初期と言われていますが,それは観賞用ではなく,薬草として試験的に栽培されたようです。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-03-10 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)


<< 各新聞はこの立ち位置から記事を...      きょうは右肩下がりの気温 >>