2016年 03月 04日
踊りハボタン
d0006690_11582014.jpgハボタン(葉牡丹) アブラナ科 アブラナ属

ハボタン(葉牡丹)は言うまでもなく,葉を牡丹に見立てた多年草の観葉植物です。春に「薹(とう)が立ち」,花が咲きますが,観賞の対象とは余りならないようです。かつてハボタンの花を見たことがありますが,半ば放置された感じでした。

きよう,背丈は1メートル,枝分かれしたそれぞれの先にハボタンを点けているハボタンを見ました。踊りハボタンと言うそうです。

踊りハボタンは,花が咲き終わったら花茎の根元で切り戻します。その後わき芽が出て,そのわき芽の先に再びハボタンつけます。これで踊りハボタンのできあがりです。

くねくねと伸びた茎の先にハボタンが乗ったような形となり,まるでハボタンが踊っているかのように見えることから「踊り葉牡丹」と呼ばれのだそうです。しかし,私には余り「くねくね」感は感じられませんでした。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-03-04 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/22945776
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< シロハボタン(白葉牡丹) 縮緬系      春が来た >>