2016年 02月 25日
あまいろ、亜麻色と天色
d0006690_142354100.jpg「あまいろ」と聞いて「亜麻色」と漢字変換するのは自然のように思います。しかし,「あまいろ」には「天色」があることを初めて知りました。

亜麻色は「黄色がかった薄茶色」ですが,天色は「晴天の澄んだ空のような鮮やかな青色」です。あるサイトの「七十二候の五候」でオオイヌノフグリについて「春に天色(あまいろ)の可憐な花を咲かせる山野草『オオイヌフグリ』」と記述されていました。

オオイヌノフグリの青をパソコン上に正確に再現することは難しいのですが,それでも天色とはちょっと違うかなと思います。

d0006690_15195162.jpg「日本の伝統色」から取り込んだ「亜麻色」「天色」です。

色合いの再現にはやや正確さにかけています。正しくは上記の「亜麻色」と「天色」をクリックしてください。


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-02-25 18:00 | つれづれに | Comments(2)
Commented by haruneko3 at 2016-02-26 16:01
一番すきな花。天色。。。まさしくその通り!
Commented by gakis-room at 2016-02-26 17:26
haruneko3さん,
可愛らしい花なのに,気の毒なネーミングです。
瑠璃唐草,天人唐草,星の瞳という別名がありますが,
使われることはほとんどありません。


<< 入り日薄れ      ようやく3番花,ホトケノザ >>