2016年 02月 13日
女子はLS北見が初優勝,男子はSC軽井沢が4連覇,カーリング日本選手権
【男子決勝】   ★印は第1エンドの後攻
       1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
チーム東京  0 0 0 0 2 0 0 0 1 ×  3
SC 軽井沢★  0 0 2 1 0 1 0 2 0 ×  6

SC軽井沢は決勝でも完勝で日本選手権4連覇です。日本選手権4連覇は第17回(2000年)から20回(2003年)に4連覇したVICTORIOUS(現チーム浅間)以来,2チーム目です。予選ラウンドを含めて,安定した試合運びは「SC軽井沢時代」を予感させます。(2月14日)

d0006690_17262014.jpgLS北見が初優勝です。きょうの3位決定戦までは,インターネット中継(USTREAM)で6日間のカーリングを楽しみました。

【女子決勝】   ★印は第1エンドの後攻
      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
富士急   0 1 0 0 0 2 0 2 0 ×  5
LS 北見★  1 0 3 2 1 0 1 0 1 ×  9

LS北見は予選ラウンドでは2位でしたが,試合そのものはショットがなかなか決まらず,苦しい展開でした。しかし,プレーオフになってからは一転して好ショットの連続でした。特にサードとスキップの相手の石を出すテイクショットがさえていました。LS北見はこれで,男子優勝のSC軽井沢とともに3月に行われる世界選手権と11月のパシフィックアジア選手権の代表権を得ました。

逆に予選リーグでは安定していた北海道銀行でしたが,プレーオフではショットが決まらず決勝への進出もできませんでした。3位決定戦では本来の試合運びができましたから,昨日のプレーオフ2試合の不調が悔やまれます。このあたりはカーリングのメンタルの強さでしょうか。

準優勝の富士急(昨年まではのチーム名はチームフジヤマ)は一昨年が5位,昨年が3位でしたから,過去最高位を達成しました。あの小林宏さんが率いるチームです。


【女子3位決定戦】   ★印は第1エンドの後攻
       1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
チーム軽井沢 0 1 0 0 2 0 0 0 2 ×   5
北海道銀行★ 3 0 0 1 0 2 1 1 0 ×   8

本来の調子を取り戻した北海道銀行が完勝でした。チーム軽井沢は中学・高校生によるチームですから,4位は大健闘です。26回大会(2009年)と27回大会(2010年)では常呂高校(現在のヒト・コミュニケーションズの前身チーム)が2位となっていますが,このチームの今後の成長が楽しみです。

【男子3位決定戦】   ★印は第1エンドの後攻
       1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
チーム荻原★ 2 0 2 0 2 0 1 0 0 ×    7
札幌     0 3 0 1 0 1 0 2 4 ×   11

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2016-02-13 18:00 | カーリング | Comments(2)
Commented by korima at 2016-02-13 20:23 x
成績から、北海道銀行が決勝に残ると思っていたので
ちょっとびっくり。
残念だったけど、富士急の若い選手の顔と名前を覚えました。
熱戦でした!! 明日は男子決勝を録画でみます。
(でもLIVEは見応えあります~(^^)/)

Commented by gakis-room at 2016-02-14 08:16
korimaさん,
1位・2位対決だけでなく,準決勝でも敗れるとは,北海道銀行の不調は意外でした。
LIVEはいいですねえ。
この次はいつのことでしょうか。
12月の軽井沢国際までなさそうです。


<< 4月中旬から真冬へ,きょうからの気温      北海道銀行 決勝進出ならず,カ... >>